Joshua hair blog

現役美容師として皆様に髪の毛に関する有益な情報やトレンドを常に発信していきます。

【美容師が解説】短い毛がたくさん...髪の毛を根元から梳かれすぎてしまった時の対処法とは?

どーもこんにちはJoshuaです。

 

新規のお客様で次のようなお悩みを抱えている方は一定数いらっしゃいます。

実は、前回の美容室で髪の毛を軽くされすぎてしまって...

な、なるほど確かに根元からガッツリ梳かれてますね。

表面にも短い毛が出てきてしまって扱いづらくなってしまいました。

どうすればまとまりが良い髪の毛になりますか?

これからまたまとまりの良い美しい髪の毛にするために必要なことを説明させていただきますね。

美容室に行ってカットをお願いするときに、元々の自分の髪の毛の量が多い方は特に

「髪の毛を軽くしてください」とオーダーされる方が多いと思います。

その際に担当美容師さんとの仕上がりイメージが共有出来ておらず、自分が思っている以上に髪の毛を軽くされてしまうという経験をされた方もいらっしゃるかと思います。

今回はその問題について現役美容師が記事にしてみたので、もし良ければ参考にしてみてください。  

◆この記事を読むと◆
・なぜ髪の毛を軽くされすぎてしまったのか?
・その後の対処法についてを知ることが出来ます。

  

 

なぜ髪の毛を梳かれすぎてしまったのか?

f:id:sylph_hair:20210608134338j:plain

髪の毛の量の感じ方は人それぞれ違いますよね。

客観的に見て、その人の髪の量は軽く見えても、その人自身が「重い」と感じる場合はその方は軽くしてくださいと美容師さんにお願いします。

それと同じように、美容師さんによっても髪の量の基準が多少ズレる場合があります。

もちろん上手な美容師さんは、これ以上軽くした場合に色々とデメリットが出てくるのでそれをお客様に伝えて、むやみやたらに軽くしたりはしません

しかし軽いスタイルが好みの美容師さんが存在するのも事実です。

それが悪いわけではなく、そのような軽いスタイルが好きなお客様もいらっしゃいます。

これは自分と担当美容師さんとの相性もあるかもしれません。

 

でも根本から梳くのは基本的にNG

f:id:sylph_hair:20210608134420j:plain

美容師のカット技法でルーツセニングという技法があるのは確かです。

これは毛量が多毛で量をがっつり減らしたい方や髪のクセが強い方をそれをカットで抑えるために使用する技法です。

しかしこの技法はかなり慎重に施術しないと、お客様は髪の毛が余計に扱いづらくなり、まとまりが悪くなってしまいます。

また髪の毛の表面の毛を根元から軽くすることは基本的にはありません

セニング(梳きバサミ)にしても髪の毛を切っていることには変わりないので、表面に短い毛をたくさん作ってしまい、短い毛はツンツンするためデザインとして成立しなくなってしまいます。

 

 

髪の毛が軽すぎると起きるデメリット

f:id:sylph_hair:20210608135128j:plain

髪の毛を適切な方法で上手な美容師さんに梳いてもらうと、髪の毛が巻きやすくなったり、軽い仕上がり(エアリー感)、乾かすのが早くなる、ゴムでまとめやすくなるなどのメリットがたくさんあります。 

しかし適切でない仕方で髪の毛を軽くされてしまうと、

・根本の毛がピンピン立つようになり、格好がつかない

・以前よりも外にハネやすくなる

・毛先がペラペラになり、痛みやすくなる

・短い毛が出来て、巻きづらくなる 

などのデメリットに悩まされてしまうことがあります。

表面の短い髪の毛に関しては、美容師さんに切られて心あたりがないのに悩まされている方は良かったらこちらの記事もご覧ください。

ダメージや切れ毛が原因の場合もよくあります。

sylph.info

 

その後の対処法

f:id:sylph_hair:20210608135215j:plain

正直なところ、結論から言ってしまうと切るという選択肢意外で、1回の施術ですぐに直すというのは難しいです。

短くなってしまった髪の毛は伸ばす必要があるからです。

毛先がペラペラに軽くなってしまった場合は、毛先を数センチ切ることで毛先に厚みを出すことが出来ます。

また表面の短い毛は目立たない程度にさらに短く切ったとしても後々、またツンツンしてくるので問題は解決しません。

伸びるまで待つことをオススメします。

 

長さが伸びるまでは重めのオイルなどのスタイリング剤をつけて、短い毛を落ち着けましょう。ショートの場合はワックスやバームなども良いと思います。

重めのオイルはN.が保湿とスタイリングも出来るので、美容師的にもオススメです。

 
またあまりにもカットの仕上がりがひどい場合には<返金やお直しも求めることも可能です。
髪の毛を綺麗に伸ばしていた方、ケアを頑張っていた方、仕上がりに満足が行かない方は一度お店に連絡されてみてもいいかもしれません。
悲しいことに大事にしていた髪の毛は一度切ってしまうともう戻せません...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分にあった美容師さんにお願いしましょう。

結局のところ、これが大事なような気がします。

美容師さんも人によって技術や好みが違うので、自分に合う人を見つけて指名するのが一番間違いがないです。

リピートすることで、自分の髪質やクセ、こだわり、好みの量感を美容師さんが理解してくれるようになるので、毎回細かくオーダーする必要もなくなります。

まだ良い美容師さんにめぐり会えていない方は、ぜひ一度私にお任せください。

 

この記事を読んで分からないことや質問がある方は、LINEにて24時間受け付けています。

インスタグラムには日々のサロンワークのスタイル写真も載せていますので、良かったらこちらもご覧ください。

 

またカットやカラーのご予約はこちらから!

https://instabio.cc/3072102fdMMi8