Joshua hair blog

現役美容師として皆様に髪の毛に関する有益な情報やトレンドを常に発信していきます。

【美容師がオススメする】就活&インターンを黒染めを使わずに乗り越える可愛い暗髪カラーとは?

どーもこんにちはJoshuaです。

これからインターンや就活を控えている方で一度は次のようなお悩みを抱えたことがある方は少なくないはずです。

 

実はもうすぐインターンが始まるんですよね。でも黒染めはしたくなくて...

確かに美容師としてもあまり黒染めはオススメ出来ないですね。

真っ黒にはなりたくないし、終わったらまた明るくしたいんですよ。

でも私の髪は色落ちが早いし、そんなすぐ美容院にも来れそうに無いです。

かしこまりました!その悩みを解決できそうなカラーがあるので、ご紹介させていただきますね。

 

今回の記事では、現役美容師が、

インターンや就活を成功させたいけど、黒染めは使いたく無い!

という方のために、透明感ある暗髪カラーのご紹介をしていきたいと思います。 

 

◆この記事を読むと◆
・企業側にとって好印象な髪色とは?
・黒染めをしない方がいい理由について
・透明感ある暗髪カラーを知ることが出来ます。

 

 

企業側にとって好印象な髪色とは?

f:id:sylph_hair:20210602181906j:plain

職種にもよりますが基本的に現代の日本では、「暗髪」が会社や企業から見て好印象とされていますよね。

確かに、暗髪は明るい髪色よりも大人っぽい誠実さ清潔感があるという良いイメージがあるのは確かです。

ただ、ひと昔前のような真っ黒な黒髪にすべきかと言われるとそうでもありません。

黒染めなどによる、本来の地毛よりも黒い髪の毛は違和感や不自然さが出てしまいます。

ナチュラルな6〜7トーンほどの暗髪が現代の社会に合っている暗髪だと言えるでしょう。

 

 

普通のカラーと黒染めの違いとは? 

f:id:sylph_hair:20210602182250j:plain

 

基本的に美容師が髪の毛を最大まで暗めに染める時に使用する方法は3つほどあります。

①ファッションカラーで一番低いトーンで染める

これはブラウンやブルーブラック、ダークグレーなど本来染める時と同じように、黒染めを使わずに他のカラー剤で最大限まで暗くする方法です。

暗めのトーンでも透明感を出すことが出来るのでとても人気のある手法です。

しかし、黒染めに比べるとどうでしも退色は早くなってしまうので2〜3ヶ月周期でまた染める必要が出てくるでしょう。

 

②黒染めをして黒髪にする

黒染めを使用することで、本来のファッションカラーよりも黒の持ちを良くします。

しかし、元々色落ちが早い方や、ブリーチされている方は黒染めを使用しても大体2〜4ヶ月ほどで色は落ちてきてしまいます。

さらに黒染めは髪の中にブラウン(赤系)の染料が多く使用されているため、赤っぽく色が落ちてきてしまい退色後があまり綺麗ではないことが多いです。

色は落ちてもこの赤系の染料は脱染しない限り髪の毛に残っているので、就活やインターンが終わり次に染める時に思い通りに色にならないことが多いです。

ブリーチをしても赤っぽさが出てきてしまうため、1回以上のブリーチを求められるケースが多いです。

 

③白髪染めを少し混ぜて暗くする

本来、白髪を染める用途に使用される白髪染めは黒染めよりも染料が濃いものが使用されています。

そのために黒染めに少し白髪染めを混ぜることで、黒染めよりも色の持ちを半永久的に良くすることが出来ます。

しかし、この方法で染めた場合、もう次に明るくするのはほぼ不可能と言っていいでしょう。

持ちは半年以上持ちますが、その分リスクもあるので要注意です。

 

このように黒染めにはファッションカラーに比べて色持ちはいいですが、透明感が出ないこと、また次に染めるのが難しくなってしまうことなど悪影響が多いことが分かります。

またこれがセルフカラー(自分で染める)で黒染めした場合は塗布料の違いでムラになってしまい、このムラを直すには美容師でも1回の施術では難しく、何回かに分けて直すので、かなり時間がかかってしまうということも覚えておいてください。

セルフカラーの危険性についてはこちらでも詳しく解説しているので、もしよろしければこちらもご覧ください。

sylph.info

 

黒染めを使用しないで出来る暗髪カラーをご紹介!

美容師として色々なカラー剤を使用してみましたが、その中でもイルミナカラーの色持ちはやはり目にとまるものがありました。 

sylph.info

今回はこのイルミナカラーに加えて、アディクシカラーも暗めのグレー系、ブルー系の色味を出すことに優秀なので、この2つを配合したオリジナル暗髪カラーをご紹介していきたいと思います。

sylph.info

 

【オリーブグレージュ】

f:id:sylph_hair:20210602180819j:plain

赤みが強い方にはオリーブ系のカラーがオススメです。

オリーブのみだと就活やインターンにおいては少しカジュアルすぎる印象があるので、グレー系カラーでしっかりベースを暗くすることで、きちっとした大人っぽい印象を与えられます。

 

【ナチュラルグレージュ】

f:id:sylph_hair:20210602180201j:plain

色落ちが早い方は仕上がりを少し暗めにするといいかもしれません。

色を持たせる方法はいくつかありますが、一番大きな関係があるのはトーンです。

色は暗ければ暗いほど持ちが良くなります。

グレージュ系は寒色系に分けられるので、色落ちしている過程の色も綺麗なので、最初に暗く染めることで長い目でカラーを楽しめることが出来ます。

 

【アイスグレーアッシュ】

f:id:sylph_hair:20210602180900j:plain

ブルー系を中心としたアッシュ系グレージュカラーです。

ブルー系なので赤みも消してくれますし、透明感も出すことが可能です。

クールビューティー系になるので、雰囲気をそこに合わせたい方へオススメです。

 

まとめ 

いかがでしたでしょうか?

就活&インターンで髪の毛を暗くしないのといけないのって、明るい髪の毛が好きな方たちにとっては憂鬱ですよね...

でも実は暗めのカラーでも可愛い、かっこいいカラーってたくさんあるんです。

案外染めてみると、しっくりきて周りからの評判もいいかもしれませんよ?

これをきっかけにイメチェンしちゃいましょ!

 

この記事を読んで分からないことや質問がある方は、ぜひコメントやDMにてお気軽にご連絡ください。

またこのような記事を書いて欲しいなどのリクエストがありましたら参考までに教えていただけると幸いです。

もし宜しければこちらのフォローもお願いします。

instagram→ sweet.candy744