Joshua hair blog

現役美容師として皆様に髪の毛に関する有益な情報やトレンドを常に発信していきます。

美容師が【アディクシーカラー】の特徴と良いところを徹底解説!

どうも、こんにちはJoshuaです。

最近は各メーカーから色々なカラー剤が発表されています。

イルミナカラー、スロウカラー、アディクシーカラー、Nカラー...

それぞれ何が違うのか?自分に合うカラー剤はどれなのか?

迷ってしまう方が多くいらっしゃいます。

 

当店では、イルミナカラーとアディクシーカラーを主に使用しています。

それには理由があるんです!

イルミナカラーの魅力については過去にこちらの記事をご覧ください。

sylph.info

 

今回はアディクシーカラーの特徴と良いところについてご紹介していきたいと思います。

 

アディクシカラーの特徴とは?

日本で有名な美容サロンメーカーである「ミルボン」から出されているカラー剤になります。

アディクシカラーには他のカラー剤とは違う2つの大きな特徴があります。

①日本人特有の嫌な赤みを消してくれる

日本人は元々の髪質に赤みを含んでいる方がほとんどです。

SNSを中心に流行とされている「外国人風カラー」などは赤みが一切含まれないので、赤みを消すオリーブ系やグレー系がメインになります。

アディクシーカラーのカラーチャート表を見ると、青みが多く含まれている事が分かります。

f:id:sylph_hair:20201006185825j:plain

この色素の濃い青みが赤みを抑えつつグレー系やベージュ系を綺麗に発色させるポイントになります。

 

②ツヤ感、透明感、色持ちが良い

アディクシーカラーは基本的に寒色系カラーが多いため、仕上がりのトーンが暗く暗髪になります。しかし暗髪でも透明感があるため、重く見えないのが、良いところです。

特に室内で見るのと、太陽光に当たった外で見えるのは違います。

外では光に当たって綺麗に透けてくれるため、仕事場が厳しくあまり髪色を明るく出来ない方にもオススメです。

 

アディクシーカラーのオススメの色とは? 

【グレーパール×サファイア】

f:id:sylph_hair:20201007095547j:plain

アディクシーカラーと言えばグレー系と言っても過言ではありません。

今までグレー系はブリーチ無しでは発色させるのが難しい色とされてきました。

しかしアディクシーの登場により、ブリーチ無しでもある程度のトーンがあればグレーを出す事が可能になりました。

ダメージや会社の都合上、ブリーチは出来ないけどグレージュやアッシュグレーをしてみたいという方にもオススメです。

 

【アメジスト×シルバー】

f:id:sylph_hair:20201007100254j:plain

アメジストは綺麗なラベンダー要素をカラーに入れてくれます。

「寒色系は自分に合わない...」という方にはアメジスト(紫)を少し混ぜてあげる事で、温かみが増し、血色がよく見えるようになります。

またアメジストは色落ちを綺麗にしてくれる効果もあります。

色落ちしてすぐ黄色っぽくなってしまう方はぜひ一度試してみると良いかもしれません。

 

【エメラルド×グレーパール×スモーキートパーズ】

f:id:sylph_hair:20201007101351j:plain

スモーキートパーズは追加されたベージュ系の新色です。

柔らかなアッシュ感とベージュ感が混ざり透明感のあるカラーを表現する事が出来ます。

赤みは消したいけど、髪色を暗くしたくはないという方にピッタリです。

また、エメラルド(緑)で赤みをしっかりと抑えてあげる事で、色落ちしても赤みが出ることの無いようにするのもポイントです。

 

 色持ちや色落ちはどうなの?

アディクシーカラーは他のカラー剤に比べて、、色素が濃いため色持ちは他のカラー剤よりも長く期待する事が出来ます。

ただ、その反面で暗くなりやすいという特徴もあるので、今よりも暗くしたくない方はしっかりとその旨を美容師さんに伝えると良いでしょう。

色落ちも配合によっては綺麗にする事が可能です。

さっきも言ったように、紫を少し混ぜたり、緑で赤みを抑えたりしてあげる事で色落ちも綺麗になります。

 

まとめ

今回の記事ではアディクシーカラーについてまとめてみました。

ブリーチ無しで赤みを消すことの出来るカラー剤という認識で大丈夫です!

ぜひ、今まで理想の髪色にならなかった方もアディクシーカラーを一度試してはいかがでしょうか?

 

 

来店不要!ダイエットの専門家がマンツーマンで食事指導