Joshua hair blog

現役美容師として皆様に髪の毛に関する有益な情報やトレンドを常に発信していきます。

【美容師が解説】美容室で失敗されてしまった時の対処法とは?返金やお直しはしてもらえる?

自己紹介

f:id:sylph_hair:20211016182903p:plain 

Joshua / 生粋のヘアケアオタク

美容歴8年目(都内で修行済み)

毎月多くのモデルやインスタグラマーの方を担当

 

みなさん人生で一度は経験したことはあるのではないでしょうか?

「えっ、仕上がりが全然イメージと違う...」

「パーマをかけてもらったけど、全然かからなくてただただチリチリになった」

美容室での失敗は多くの方が経験されていると思います。

最近ではSNSが普及してきたためにtwitterやtiktok、instagramなどで失敗されてしまった髪の毛の自撮り画像を載せているのも良く目にするようになりました。

f:id:sylph_hair:20210406182348j:plain

その失敗画像を見ていると、美容師目線から見ても「これはさすがに...」という失敗をされているお客様もいらっしゃいました。

でもなかなか、その場でお直しや返金して欲しいと伝えるのって勇気が入りますよね。

気まずくなるのも嫌だし、そのまま泣き寝入りしてしまう方も多いと思います。

そのような方のためにも今回は現役美容師が失敗された時の対処法について記事にしていきたいと思います。

◆この記事を読むと◆
美容室で失敗された時の対処法が分かります。
またどのような場合にお直しや返金をしてもらえるかが分かります。

 

 

失敗された時の対処法とは?

f:id:sylph_hair:20210406123658j:plain

【失敗された原因をはっきりさせる】

まず髪の毛を失敗されてしまった理由をはっきりさせておくと良いですね。

おそらく8割は美容師さん側の技術・薬剤知識不足が原因になります。

 

これにはカウンセリングで仕上がりイメージの共有が出来ていなかったために、仕上がりがお客様の思っているものとは別物になってしまったというのも含まれます。

また、ハイダメージにも関わらず美容師さん側がイケると考えて、ブリーチやパーマ、縮毛矯正の施術を行い、髪の毛がダメージに耐えきれずに切れてしまったりチリチリになってしまった場合も美容師さんサイドに責任があります。

お客様はダメージと髪の毛についての知識に関しては素人なので、そこはプロである美容師さんの判断にかかっています。

 

【お直し・返金について】

このように美容師さんサイドに原因がある場合は、基本的にお直し・返金をお願いする事が可能です。

 

その場で担当スタイリストにお願いするか、後日電話でお直しをお願いをしましょう。

後に自分の予定がある場合は、別日に改めてお願いすることも可能です。

基本的には1週間以内でお願いしましょう。

あまり日数が経ってからだと対応してもらえない場合があります。

 

 

お直し・返金出来ないケースって?

f:id:sylph_hair:20210406123841j:plain

逆に残りの2割はお直し・返金出来ない場合があります。

その理由もいくつかあるので順番に説明していきますね。

 

①カウンセリング時にしたいというスタイルと、仕上がりがあまりにもかけ離れている

 例えば、

「カウンセリングの時に最初はボブにするつもりでお願いしていたが、切っている途中で気分が変わり、やっぱりショートにしたくなったのでもっと切って欲しい」

この場合美容師は2回スタイルを切ることになったしまうので、無料でお直しするのは難しくなってしまいます。

 

②強行的に施術をお願いした

 美容師さんが、これ以上はもうブリーチ出来ませんよと注意していても、お客様が「それでも良いから、ブリーチしてください」と言った場合、美容師さんは断れません。

その代わりに自己責任になりますが良いですか?という注意がされると思います。

その場合は、返金・お直しに対応出来ない事があります。

 

③技術向上モデル

これは美容師さんがまだアシスタントの時に、練習のためにカットモデルやカラーモデルを募集する事があります。

このような場合、大体そのお店の正規の料金よりも安く、材料代や無料で行われる事が多いのであらかじめ注意事項に「お直し、返金は受け付けておりません」という記載がされている事があります。

 

④施術履歴を忘れていた、誤魔化してしまった

過去にセルフで黒染めをしていたり、お店で縮毛矯正をしていたりするとそれによって使う薬剤がかなり変わってきます。

普通は美容師さんから「過去に黒染めや縮毛強制をしていたことはありますか?」という質問があるかと思いますが、その時にはっきり言わなかったり、隠してしまったりすると思い通りの仕上がりにならない事があります。

 

 

まとめ

美容室で失敗された時はやはり嫌な気持ちになりますよね。

それは美容師も同じ気持ちです。

出来る限り、お客様には笑顔で満足して帰っていただきたいと心から思っています。

そのためにもしっかりと施術前のカウンセリングでは担当美容師さんと話し合って、不安や心配に思うことは全てぶつけちゃいましょう。

そうする事で、理想の仕上がりになる成功率がグッと上がりますよ!

 

 

この記事を読んで分からないことや質問がある方は、LINEにて24時間受け付けています。

インスタグラムには日々のサロンワークのスタイル写真も載せていますので、良かったらこちらもご覧ください。

 

またカットやカラーのご予約はこちらから!

https://instabio.cc/3072102fdMMi8