Joshua hair blog

現役美容師として皆様に髪の毛に関する有益な情報やトレンドを常に発信していきます。

SNSで大人気! N.(エヌドット)オイルの人気の秘密

 

どーもこんにちは、Joshuaです。

 

今回はSNSや美容雑誌で多くの特集記事が組まれ、とても有名になったナプラのN.シリーズから出ているスタイリング剤のポリッシュ、シアオイルについて詳しく書いていきたいと思います。

 

f:id:jojo_s:20200411151508j:plain

 

実際に使っている美容師さんも多く、タレントやモデルも愛用していることもあり人気は絶大です。

 

ではN.オイルは他のものと何が違うのでしょうか?

その人気の秘密について見ていきましょう。

 

N.オイルの特徴

天然由来成分のみで出来た髪や肌にも優しいオイルというのが特徴的です。

特にここに含まれているシアバターは植物シアの種子から脂肪なのですが、この成分が髪や肌にみずみずしい潤いを与えてくれます。

 

f:id:jojo_s:20200411151847j:plain

 

また他にもユズセラミド、モリンガエキス、ベビーピーチエキス、アロエ液などの植物性の成分で作られており、髪の毛はもちろん肌に対しても補修・保護・保湿までしてくれる万能オイルなのです。

 

また匂いもマンダリンオレンジとベルガモットという柑橘系の匂いで、香りも強すぎず変に甘すぎる事もなく爽やかな香りで多くのお客様からも大好評です。

 

N.オイルはこんな方にオススメ

 

①ウェットな質感に仕上げたい

今っぽいトレンドであるスタイリングとして濡れ髪があります。

しかし完全に濡れすぎというのはあまり可愛くありません。

ポイントとしては完全に乾かした上でN.オイルをつける事で濡れっぽく見せるのがお洒落なヘアスタイルを作るコツです。

 

②ヘアアレンジを楽しみたい

全体的にN.オイルを馴染ませてアレンジする事で、アレンジがしやすくなり髪の毛の束間が出やすくなるのでよりヘアアレンジのクオリティを上げることが出来ます。

 

③髪の毛が広がりやすい、まとまりが悪い方

N.オイルはある程度重さがあるスタイリング剤なので、髪の毛のボリュームを抑えてまとまりをよくしてくれる効果があります。

 

N.オイルは油分が含まれている重めのポリッシュオイルとさらっと仕上げたい方のためのシアオイルの2つに分かれています。

 

髪の毛が硬く、量が多い方はポリッシュオイル

髪の毛が柔らかく、量が少ない方はシアオイル

 

がオススメです。あなたの髪質に合ったオイルを選んでくださいね。

 

N.オイルの使用方法

 

N.シアオイルはアウトバストリートメントとしても仕上げのスタイリングとしてもどちらも使うことが出来ます。

 

アウトバストリートメントはドライヤーで髪を乾かす際にはとても大事なアイテムなのでぜひ一つ持って置くといいです。

 

sylph.info

 

 

よくオイルスタイリングの失敗としてありがちなのは、仕上げのオイルの付けすぎです。

付けすぎによりベタついて見えたり、スタイルが重く見えてしまいます。

 

1回のオイルの使用量は次を目安につけてください。

  • ショート  ⇨   1.2滴
  • ボブ、ミディアム  ⇨  3.4滴(2回に分けるといい)
  • ロング  ⇨  根元付近から中間にかけて3.4滴つけて、毛先に1.2滴

※アウトバスとして使うシアオイルの際はこれの半分の量で大丈夫です。

 

仕上がりにつける際は、しっかり中間から毛先にかけて揉み込むようにつけてあげると質感と程よい束間が出て、スタイルのクオリティが上がりお洒落に可愛く仕上げることが出来ます。

今流行りのシースルーバングなどとも相性◎です。

 

N.オイルの評判はどうなの?

twitterやinstagramを中心に多くの方からの好評の声が上がっております。

またパッケージもシンプルで可愛いため、お友達へのちょっとしたプレゼントとしてあげるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

 

 今回、ナプラのN.(エヌドット)ポリッシュ、シアオイルについて紹介してきましたが、今現在ではとても注目度の高いヘアオイル。

今、流行りの質感にできるという点だけでなく、肌に優しい成分でボディケアとして使えるのも人気の要因なのかもしれません。

エヌドット N. シアオイル(150ml)
 

 

 いろんな用途があるヘアオイルとして1本あると助かるヘアアイテムなので、よかったら是非使ってみてくださいね!

  

 

いこの記事を読んで分からないことや質問がある方は、ぜひコメントやDMにてお気軽にご連絡ください。

 

またこのような記事を書いて欲しいなどのリクエストがありましたら参考までに教えていただけると幸いです。

 

もし宜しければこちらのフォローもお願いします。

instagramsweet.candy744

twitterFB4dwggp