Joshua hair blog

現役美容師として皆様に髪の毛に関する有益な情報やトレンドを常に発信していきます。

シャキンと真っ直ぐな縮毛強制はもう古い!? 最新の技術【地毛風ストレート】とは?

 

どーもこんにちは、Joshuaです。

 

今回は縮毛矯正の派生である「地毛風ストレート」について美容師が詳しく解説していきたいと思います。

 

 縮毛矯正と聞くと次のような不安を抱えるか方は大勢いらっしゃいます。

 

縮毛矯正をすると髪がシャキンと真っ直ぐになりすぎるんじゃない?

確かに薬によっては不自然なほど真っ直ぐになる場合があります。

クセは伸ばしたいけど、そこまで真っ直ぐにはしたくない...

でしたら、クセは伸ばしつつもナチュラルな仕上がりになる地毛風ストレートがオススメですよ!

 

ではこれから地毛風ストレートについて解説して行きたいと思います。

 

地毛風ストレートとは? 

f:id:sylph_hair:20200621211345j:plain

基本的に工程は縮毛矯正と同じ工程になります。

1剤塗布→流し→ドライ→アイロン→2剤→仕上がり 

になります。

施術時間も3時間〜3時間30分ほどになります。

 

では縮毛矯正との違いは何なんでしょうか?

それはクセを伸ばす強さと1剤の成分にあります。

地毛風ストレートが向いている方は、

ポイント! ・クセが緩く、うねりによりまとまりが悪い方
・ボリュームを抑えたい方
・ブリーチなどによるハイダメージにより、縮毛矯正がかけられない方

 

地毛風ストレートをすることで真っ直ぐになりすぎない、地毛のようなナチュラルな縮毛矯正が可能になります。

 

地毛風ストレートの注意点とは?

f:id:sylph_hair:20200621211531j:plain

しかし全ての方に地毛風ストレートをオススメしているわけではありません。

クセから解放されて、夢のようなサラサラヘアを手に入れられる反面、デメリットについても軽く触れていきたいと思います。

 

【強いクセがある方はクセが残ってしまう】

地毛風ストレートの場合は縮毛矯正よりもクセを伸ばす力が弱い薬剤を使用します。

そのため、髪の毛が硬く、クセが強い方はボリュームこそはかなり抑えられるものの、クセが完全に伸びきるということはありません。

自分がどの程度のクセの強さなのか知りたい方は、担当の美容師さんに実際に見てもらうことをオススメします。

 

【コストが少しかかる】

縮毛矯正もそうですが、施術自体の時間がかかるため、カットやカラーよりも値段を高めに設定しているところが多いです。

美容室によってももちろん値段は変わりますが、大体の相場としましては、1万〜2万5千円からの間という認識で大丈夫です。

 

【維持するためには、定期的にかける必要がある】

これは縮毛矯正も同じなのですが、薬剤をつけた部分はほぼ半永久的に真っ直ぐになります。

しかし、新しく生えてくる髪の毛はクセがまた出てくるため、根元のみボリュームが出るようになってしまいます。

根元のクセが気になりだす3〜4ヶ月を目安に定期的にかけると、サラサラヘアーを維持することが出来るでしょう。

 

まとめ

 

「今まで縮毛矯正をして失敗されたことがある」「かけたことないけどどう仕上がるのか不安」という方はぜひ一度美容師さんに相談してみるといいでしょう。

昔よりも薬剤や技術は進化しているので、地毛風ストレートをかけることで髪がサラサラストレートになり、毎日のお手入れがかなり楽になるということがあるかもしれませんよ!

 

この記事を読んで分からないことや質問がある方は、ぜひコメントやDMにてお気軽にご連絡ください。

またこのような記事を書いて欲しいなどのリクエストがありましたら参考までに教えていただけると幸いです。

もし宜しければこちらのフォローもお願いします。

instagram→ sweet.candy744

twitter→ FB4dwggp