Joshua hair blog

現役美容師として皆様に髪の毛に関する有益な情報やトレンドを常に発信していきます。

美容師が解説!『髪質改善』『酸熱トリートメント』『縮毛矯正』ってみんな何が違うの?どれがオススメ?

どーもこんにちはJoshuaです。

 

この記事にたどり着いたあなたは、今の自分の髪の毛をさらに綺麗にしたいと考えてらっしゃる美意識の高い方ですよね!

これから、髪の毛にお金をかけてサラサラ美髪にしたいと思い、美容室のメニューを選んでいる方もいらっしゃることでしょう。

f:id:sylph_hair:20210824182430j:plain

最近、お客様から次のような質問をよくいただきます。

髪の毛にケアに関するメニューが多くて、何を選べば良いのか分からない...

確かにそうですよね。

ということで今回の記事では、

instagramなどのSNSでよく耳にする単語で

◆この記事を読むと分かること◆
・髪質改善
・酸熱トリートメント
・縮毛矯正の違いについて

 

この3つのそれぞれメリット、デメリットについて簡単にまとめていきます。

自分に合ったメニューを選ぶ際に、少しでもこの記事が参考になれば嬉しく思います。

 

髪質改善について

f:id:sylph_hair:20210824183307j:plain

髪質改善とは、あくまでジャンルのようなもので特に決まった定義はありません。

そのため美容室ごとにかなり異なるので注意してください

これから出てくる、酸熱トリートメントやストレートトリートメントも髪質改善というジャンルに含まれこともあります。

美容室でメニューを選ぶ際は、髪質改善の後についているメニューに注目してみてください。

例)髪質改善   サイエンスアクア

  髪質改善 酸熱トリートメント

  髪質改善 ストレート

この後半の言葉がかなり重要になってきます。

これにより、髪の毛にダメージがあるのかないのか、持続性も変わってきます。

 

酸熱トリートメントについて

f:id:sylph_hair:20210824183838j:plain

酸熱トリートメントといっても実は色々なメーカーが出しており、これも美容室によって変わってきます。

ただ基本的に2種類に分かれているということを覚えておくと良いです。

最近だとストレートトリートメントという単語も聞きますが、大体はこの酸熱によるトリートメントという認識で大丈夫です。

 

『ジカルボン酸』酸熱トリートメント

基本的にはこちらの酸熱トリートメントをしているところが多いのではないかと思います。

ジカルボン酸は髪の毛の強度を硬くし強くしてくれます。

それをヘアアイロンの熱によって固定させます。

これにより、手触りやまとまり、ゆるーいクセなら落ち着かせることが出来ます。

持続性は大体3週間〜1ヶ月ほどで大体3回を目安に行うと、髪質改善ということで長期的に効果を維持できるようになります。

注意点...あくまでクセは伸びない、あくまでトリートメントなので効果は時間と共に落ちる。

 

『グリオキシル酸』酸熱トリートメント 

グリオキシル酸により、髪の毛によりツヤ感を持たせまとまりを良くしてくれます。

さらに軽度のクセなら伸ばすことが出来ます。

 

しかし、酸熱トリートメントが人気メニューになってから、「酸熱をしてダメージした、失敗された」という声も聞くようになりました。

その場合は大体、このグリオキシル酸が含まれていることが多いです。

このグリオキシル酸は縮毛矯正の薬と似ていてかなり強い薬剤なので、放置時間やアイロンの熱処理を少しでも間違えると逆効果でダメージにつながります。

注意点...髪質によってはオススメ出来ず、ダメージに繋がることもある。

 

 

縮毛矯正について

f:id:sylph_hair:20210824183931j:plain

言わずとしれた昔からある髪の毛をストレートにする技術です。

チオグリコール酸などによる強い薬剤を使用し、髪の毛の結合一度切断し、それをヘアアイロンによる熱処理で髪の毛のクセを伸ばし2剤で固定するというものです。

強いクセでも完全に伸ばすことができ、かけたところは半永久的に取れることはありません。

しかし新しく伸びてくる部分に薬剤はついていないため、根本のクセが気になってしまうことはあるかもしれません。

気になる方は3〜4ヶ月、半年で周期でかける方が多いです。

最近では、薬も進化してきているため、昔ほどダメージも少なくなってはいますがそれでも大きなダメージにはなるので注意してください。

かけた後は、お家でのホームケアをしっかりされることをオススメします。

 

また、「まっすぐシャキッとなりすぎるのが嫌」という声も頂きますが、まっすぐの度合いは薬剤の強さを変えることで対応することが出来ます。

地毛のようなナチュラルにかけることも出来るので、美容師さんに一度相談してみると良いかもしれません。

注意点...クセはしっかり伸びるが大きなダメージは避けられない。

 

まずはホームケアに力を入れましょう

f:id:sylph_hair:20210824185100j:plain

美容室での髪質改善やストレートメニューをするしないにかかわらず、お家でのホームケアがかなり大事になってきます。

シャンプーやトリートメントはもちろん、お風呂から出た後に、ドライヤーで乾かす前につけるアウトバストリートメントはこだわりポイントです。

最近ではクセ毛さんように特化型ヘアオイルなども出てきています。

sylph.info

オイルは重めでしっとりタイプのものがオススメです。

私のお客様でもアウトバスのオイルを変えて、クセが落ち着いて縮毛矯正をしなくても済むようになった方もいらっしゃいます。

まずはお家でのケア商品を見直してみるのも大事なことですよ!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最近ではたくさんのメニューが出てきて混乱してしまいますよね。

知らずに強い薬剤を使われてしまって、トリートメントをしたのにダメージしたというのはこれから先に起こりうる問題でもあるので、事前に酸熱や縮毛矯正の知識をつけておくと良いかもしれません。

 

この記事を読んで分からないことや質問がある方は、LINEにて24時間受け付けています。

インスタグラムには日々のサロンワークのスタイル写真も載せていますので、良かったらこちらもご覧ください。

 

またカットやカラーのご予約はこちらから!

https://instabio.cc/3072102fdMMi8