Joshua hair blog

現役美容師として皆様に髪の毛に関する有益な情報やトレンドを常に発信していきます。

【美容師が解説】マスクで前髪がうねったり、巻きが取れてしまう...その対処法とは?

自己紹介

f:id:sylph_hair:20211016182903p:plain 

Joshua / 生粋のヘアケアオタク

美容歴8年目(都内で修行済み)

毎月多くのモデルやインスタグラマーの方を担当

 

近年では新型コロナウイルスの影響により、すっかりマスクが日常生活の中に馴染むようになりましたよね。

f:id:sylph_hair:20210411201357j:plain

でもそうした背景で、最近お客様の中でも次のようなお悩みが増えてきています。

「マスクをしていると、前髪がうねったり、アイロンで巻いたカールがすぐ取れちゃうんですよね...」

せっかく朝起きて、アイロンでセットして良い感じの前髪になったのに、マスクで崩れると1日の気分が落ちてしまいますよね。

今回は現役美容師が、マスクで前髪が崩れてしまう原因とその対処法を記事にしていきたいと思います。

 

◆この記事を読むと◆
マスクで前髪が崩れる原因と対処法が分かります。
また明日から使える対策グッズも知る事が出来ます。

 

 

なぜマスクで前髪が崩れてしまうの? 

f:id:sylph_hair:20210411201505j:plain

マスクの中で呼吸をしていると、マスクと肌の隙間から湿気が漏れてしまいます。

その湿気と汗がマスクの鼻部分から上に上がることで、前髪が濡れてしまったり、巻きが取れやすくなってしまいます。

また、マスクをしていると息苦しいため、ついつい口呼吸になりがちです。

口呼吸の方が、水分を多く含むので湿度が自然と高くなってしまいます。

雨の日はさらに湿度が高くなるので、前髪が悲惨なことに...という方は多いのではないのでしょうか?

 

【マスクを正しく着用する】

マスクのサイズが大きすぎると肌とマスクとの隙間が空いてしまい、そこから湿気が漏れて前髪を崩してしまう原因になります。

マスクは自分に合ったサイズを上下、裏表を確認して正しく着用しましょう。

また、マスクはプリーツ型のものがいいかもしれません。

鼻に沿って、着用出来るので隙間が出来づらくてオススメですよ。

 

でも今使っているマスクがお気に入りだったり、他のマスクを使うと肌が荒れたりしてしまって変えられないという方は、ノーズパットを一緒につけるといいです。

 

これを普段つけているマスクに装備してあげるだけで、鼻にしっかりフィットするので湿気が前髪に当たらなくなります。

メガネをかけている方は曇り対策としても非常に優秀です。 

 

【スタイリングをしっかりする】

f:id:sylph_hair:20210411201735j:plain

前髪をなるべく崩れにくくするために、お出かけ前の前髪のスタイリングはいくつかポイントがあります。

 

①根本を起こしてあげる

まずは前髪の根本部分をスプレイヤーなどで濡らします。

その後、ドライヤーで乾かすのですが、その時に根本を指の腹でこすって髪の毛を左右に振って乾かしてあげてください。

特に別れやすいところがある方はその分かれ目とは逆方向に髪の毛を流して乾かしてください。

詳しくはこちらの記事もよかったらご覧ください。

sylph.info

 

②ストレートアイロンでカールをつける

しっかりと乾かした後は、180度以下のアイロンで巻いてください。

この時のポイントは、巻いた後の前髪をすぐに崩さずにそのままで少し冷ましてあげる事です。

髪の毛は暖かい状態から冷める時に形が決まります。

カールの状態を長持ちさせるために、少し巻いた後はそのままにしてみてください。

 

③ハードスプレーでキープする。

硬めのスプレーで根本よりかは毛先に向けて、スプレーをかけてあげましょう。

根本を固めすぎると、風などで割れた時にぱっかり割れてしまい修正不能になってしまうので注意しましょう。

 

セルフで前髪をスタイリングする時にこちらの動画もとても参考になると思いますよ。


www.youtube.com

 

【ベビーパウダーをつける】

これは意外と知られていない裏技なのですが、化粧後に白くならない程度にベビーパウダーを少量おでこと前髪の裏側につけるといいです。

パウダーによりサラサラにさせることで、湿気はもちろんおでこの汗で前髪が崩れるのも防いでくれます。

小さくてカバンに入れて持ち歩きやすいので、お化粧直しの時にすぐサッとつけてあらかじめ前髪が崩れる対策をする事が出来ます。

 

【前髪のみストレートをかける】

でも「毎朝、根本を濡らしてスタイリングするのは大変...そんな時間ない」という方は、前髪のみストレートをかけると朝がかなり楽になります。

 

ストレートも全体だけでなく、部分のみでかける事は可能です。

前髪と顔まわりのみかけられるお客様も大勢いらっしゃいます。

シャキっとまっすぐになりたくない方はストレートでも弱い薬剤を使い、少し工夫する事で地毛のようなナチュラルにストレートをかけることも可能です!

 

しかし、数ヶ月して新しく伸びてくる髪の毛は薬がついていないため、またうねりは出てきしまいます

その場合はまた前髪の根本のみにストレートをかけられるといいかもしれません。

 

 

まとめ 

いかがでしたでしょうか?

マスクがうねる原因は湿気でしたが、これが夏になると汗などもうねる要因になります。

汗や湿気などの環境で前髪が崩れやすい場合、今回紹介したこちらの方法は全て有効なので、ぜひ鉄壁な前髪を作れるようになっておきましょう!

 

この記事を読んで分からないことや質問がある方は、LINEにて24時間受け付けています。

インスタグラムには日々のサロンワークのスタイル写真も載せていますので、良かったらこちらもご覧ください。

 

またカットやカラーのご予約はこちらから!

https://instabio.cc/3072102fdMMi8