Joshua hair blog

現役美容師として皆様に髪の毛に関する有益な情報やトレンドを常に発信していきます。

【美容師が解説】カラーシャンプーで髪の毛がきしむ?対策方法も教えちゃいます!

 

自己紹介

f:id:sylph_hair:20211016182903p:plain 

Joshua / 生粋のヘアケアオタク

美容歴8年目(都内で修行済み)

毎月多くのモデルやインスタグラマーの方を担当

 

どーもこんにちはJoshuaです。

美容室での仕上がりはとても綺麗な色だけど、カラーの色落ちが早くて困っている方は多いのではないのでしょうか?

その中でもブリーチしている方は特に退色を感じやすく、早いと3日で落ちてしまうことも。

 

少しでも色を長持ちさせるためにネットで調べると出てくるのがカラーシャンプー。

でも実際、使ってみたことがないから少し怖く感じる方も

カラーシャンプーを使った後、髪がギシギシになりそうで心配...

シャンプーだけど色を入れるってことはダメージもありそうよね。

というような不安もあるかと思います。

今回はそのような方向けに、

カラーシャンプーとはどういうものなのか、そして実際に髪にどのくらいのダメージがあるのかについて現役美容師が解説していきたいと思います。

 

◆この記事はこんな方へオススメ◆
・カラーシャンプーを買いたいけど色々と不安が多い方
・カラーの色持ちを少しでも長くしたい方
・一度過去に使ってみたが髪がギシついた経験がある方

 

 

そもそもカラーシャンプーとは

f:id:sylph_hair:20211107131501j:plain

普通のカラー剤は、アルカリなどを使って髪の色素を抜きつつ色を入れています。

髪の色素を抜いたり(脱色)するわけですから当然ダメージはあります。

そしてブリーチはこの脱色する力がさらに強いということになり、それに比例してダメージも大きくなっています。

 

しかしカラーシャンプーにはアルカリは入っておらず、髪の毛を脱色する力はありません。

つまりカラーシャンプーで髪の毛を染めることは出来ません。

あくまで今現在のカラーに補色して、持ちをよくしたり、色落ちを綺麗にするという効果がメインになっています。

染まらないなら、そこまでする意味はないのかしら?

美容師的にはブリーチしている方でカラシャンは必須でして欲しいですね!

実際カラーシャンプーをしているのとしていないのでは持ちや色落ちがかなり変わってきます。

特にブリーチしている方は紫カラーシャンプー(通称ムラシャン)をすることで、嫌な黄ばみやオレンジを抑えられるので、色落ちがヤンキーっぽくならないグレーや白のようにする事が出来ます。

それにより次回、美容室で染める時も透明感あるクオリティの高いヘアカラーを出しやすくなります!

 

カラシャンで髪にダメージにはあるの?

f:id:sylph_hair:20211107131623j:plain

先ほどにも述べたようにカラーシャンプーには髪を染める効果はないので、ダメージもほぼありません

カラーシャンプーを使いつづけると激しく痛むということはないので安心してください。

 

ただ髪の毛がきしむように感じたり、実際に絡むようになってしまったという声も耳にします。

おそらくカラーシャンプーのものによっては、

補色する色素が多かったり(普通のカラシャンよりも色が入る)、トリートメント成分が一緒に含まれていないものがあります。

それを使用すると、髪の毛の質感がギシっとした仕上がりになる事があります。

 

どんなカラーシャンプーがオススメ?

カラーシャンプーも今では各メーカーから色々な種類のものが出てきています。

色々ありすぎて困っている方も多いのではないでしょうか?

実際に使ってみないと、何がいいのか分からないのよね。

確かにその通りです。

なのであらかじめ、カラーシャンプーを選ぶときの基準とするといいものを書いておきますね!

ポイント! ・洗浄力が強すぎないもの
・保湿力を含める栄養が高い配合のもの
・コーティングされすぎないもの

 

あくまで髪に色を入れることを優先しているものではなく、髪色の補色しつつ髪のケアを一番にしているカラーケアシャンプーを選ぶといいです。

 

とは言われても、「配合成分とかよく分からない」という方も多くいらっしゃいます。

そのような方に、美容師としてオススメ出来るのは

rasica(ラシカ )のカラーケアシャンプーは良いかもです♪

簡単にまとめると、カラーの補色を髪の内部に入れ込むのではなく、色素をグロス化して髪の表面にコーティングさせるという新しいタイプのカラシャンですね。

色素を補充しながら、指通りが良くなったりサラサラな仕上がりになるシャンプーは、今まで発売されていなかったので画期的です。

rasicaについて書いていくと長くなってしまうので良かったらこちらの記事を参考にしてください。

sylph.info

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

基本的にはカラーシャンプーをすることでの髪へのダメージはほぼありません。

しかしダメージこそはないものの、種類によっては髪の質感を悪くしてしまうものもあります。

自分に合ったカラーシャンプーを見つけて、お気に入りのカラーは少しでも長く楽しんでくださいね♪

 

他にも自分の髪の毛のことで悩んでいることはありますか?

・髪の毛を綺麗にしたいけど、何から始めればいいの?
・自分にはどのような髪型が似合うか分からない
・自分の髪質にあったケアを知りたい

 

など、このようなお悩みは実際に1対1で髪の毛を見てみないと正確なアドバイスをすることが出来ません。

そのような方向けに、最近ではオンラインで出来る

「あなたのためだけのカウンセリング」を行っています。

ご興味がある方はこちらから!

なぜあなたの髪が綺麗にならないのか教えます 【現役美容師】あなただけのヘアケアプランを作成します✨

 

インスタグラムには日々のサロンワークのスタイル写真も載せていますので、良かったらこちらもご覧ください。

https://instabio.cc/3072102fdMMi8