Joshua hair blog

現役美容師として皆様に髪の毛に関する有益な情報やトレンドを常に発信していきます。

【美容師が解説】切れ毛がひどい... その4つの原因を知っていますか?とっておきの対策も教えます。

 

自己紹介

f:id:sylph_hair:20211016182903p:plain 

Joshua / 生粋のヘアケアオタク

美容歴8年目(都内で修行済み)

毎月多くのモデルやインスタグラマーの方を担当

 

美容室でカウンセリングのシーンにて

最近切れ毛が凄いんです。毛先を痛んでいるところを切って欲しいです。

本当は伸ばしたいんですけど...(泣)

なるほどー、そういえば○○さんはなんで切れ毛になっているかって考えた事ありますか?

う〜ん、多分カラーのしすぎかな?ブリーチもしてるし。

カラーも確かにそうなのですが、意外と見落としがちな切れ毛の原因って幾つかあるんですよ!

それを知らないと、また同じことを繰り返してしまい一生綺麗な髪が伸ばせないかも...

えぇ〜〜そんなの絶対嫌です!

ということで今回の記事では、

切れ毛の原因と対策方法について解説していきたいと思います。

現在進行形で、切れ毛で悩んでいる方の少しでも参考になれば嬉しいです。

 

◆この記事はこんな方にオススメ◆
・カラーやパーマを繰り返しされている方
・切れ毛や枝毛に悩んでいる方
・これから髪を綺麗に伸ばしていきたい方
 

 

そもそも切れ毛ってどうして出来るの?

切れ毛

切れ毛とは、文字通り髪の毛が途中で勝手に切れてしまう事です。

髪の毛を保護している外側のキューティクルが何らかのダメージにより剥がれてしまい、髪の毛自体がダメージに耐え切れなくなっていくと徐々に枝毛になり、パサつくようになり、最終的には切れ毛となってしまいます。

 

「一度切れ毛になってしまった髪の毛はトリートメントなどで治りますか?」

というご質問をいただく事があります。

結論から言うと、一度、枝毛や切れてしまった毛についてはいくら美容室で高級なトリートメントをしたところで治るものではありません。

だからといってそのままの状態にしておくと、より状況は悪化していき、髪はどんどん扱いづらくなっていきます。

一度なってしまったら治らないからこそ、切れ毛になってしまう原因をしっかりお客様自身でも知っておく必要があります。

髪を綺麗でサラサラなミディアム・ロングに伸ばしていきたい方は必ず知っておくと良い知識になります。

 

切れ毛になる4つの原因と対策

ではこれから具体的に切れ毛になってしまう、4つの原因とそれぞれの対策を解説していきます。

どれも日常生活の中で、気をつけるべき事なのでぜひ明日から取り入れていただければと思います。

 

【カラーやパーマの後は必ずホームケアを】

最近ではたくさんの種類のメーカーからカラー剤やパーマ液が出ていますが、基本的にダメージは避けて通れません。

特に、ブリーチ、縮毛矯正をされている方はお家でのホームケアが必須となります。

切れ毛で悩まれている4割ほどのお客様はどちらかを定期的にされているケースが多いです。

「でも実際にホームケアって何をすれば良いの?」

まずは毎日使うシャンプーやトリートメントを変えてみるのは効果的です。

なるべく洗浄力が強すぎないものを選びましょう。

色落ちやパーマを取れやすくしてしまうだけでなく、髪のキューティクルまで削ってしまいダメージにつながる場合もあります。

その後、洗い流さないトリートメントをつけてドライヤーで乾かしましょう。

洗い流さないトリートメントも色々な種類がありますが、保湿効果はもちろん、髪の毛の内部の補修効果が高いものを使うようにしましょう。

sylph.info

sylph.info

 

【ドライヤーやアイロンは正しいやり方で】

キューティクルは熱に弱いという特徴があります。

ドライヤーをする際は、しっかり乾かすのはもちろん大事ですが、髪の毛がすでに乾いているのに熱を当て続けないように(オーバードライ)注意しましょう。

また早く乾かしたいと思うあまり、毛先にドライヤーを近距離で当ててしまうのも髪に良くありません。

適切な距離で、根本から毛先への順番で、最後は冷風でキューティクルを整えて仕上げるようにしましょう。

詳しくはこちらで正しいドライヤーの当て方をまとめているので参考にしてみてください。

sylph.info

ヘアアイロンを毎日される方は、温度に気をつけてください。

140度〜160度ほどが理想です。

それ以上の温度はカラーの色落ちの原因にもなります。

アイロンでカールの形がなかなかつきにくい方は、ヘアクリップなどでブロッキングをとり、一度に巻く髪の量を少なくしてみてください。

巻く髪の量が多いと、髪の毛の中に熱がちゃんと伝わらずカールがつきにくかったり、取れやすくなってしまう事があります。

 

 

 

【摩擦やくしの引っかかりには要注意】

ここだけの話、くしを通して引っからずにスルスルと通る人の方が少ないんです。

ですので安心してください。笑

だからといってガシガシと髪の毛が絡まったままで、くしを通そうとするのはNGです。

それだけでキューティクルがはがれるには十分なダメージを与えてしまうんです。

お風呂から出た後の、濡れている状態は特に髪の毛を丁寧に扱ってください。

髪の毛は濡れている時が、一番ダメージを受けやすいんです...

洗い流さないトリートメントをつけて、くしで優しく毛先からほどいてゆっくり通してあげてください。

 

また摩擦によるダメージはいつ受けるのか?

これの答えは夜、寝ている時です。

枕と髪の毛による摩擦でダメージになり切れ毛の原因にもなりえます。

これの対策としては最近ナイトキャップというものが流行っています。

夜寝る前に、キャップをかぶって髪の毛を摩擦ダメージから保護するというものですね。

詳しく知りたい方はこちらもご参考になってください。

sylph.info

 

【髪の量を軽くしすぎるとデメリットも】

髪の毛が伸びてくるにつれて、全体的に毛量も増えて頭が重くなってきますよね。

特にドライヤーの時間が苦痛だと感じる方が多いようです。

綺麗なミディアムやロングにするために、定期的な美容院でのメンテナンスカットは大事です。

そこで毛量を軽くしてもらうのも全然アリです。

重すぎるとスタイリングも大変ですし何よりバランスが悪く見えてしまいます。

ただこの時に気をつけたいのは、全体的に毛量を軽くしすぎない事です。

 

これはどちらかというと美容師さん側の問題になりますが、

良くある例としては、

軽さを求めるあまり、毛先のみがペラペラになるほど軽くしているスタイルがあります。

こうなると毛先は薄くなっているので、広がりやすくなるだけで無く、普通よりも外からのダメージ(摩擦、乾燥、紫外線など)を受けやすくなります。

また切れ味の悪いすきバサミでのカットや、むやみやたらなすきバサミによる毛量調整は枝毛や原因に直接的につながります。

カットは髪を綺麗に伸ばしていく上では、髪の量はやや重めで毛先に厚みを出すのがポイントです。

いくらホームケアを頑張っていたとしてもカットでその努力を台無しにしてしまうことさえあります。

誰が切っても同じと言う事はないので、必ず信頼できる美容師さんにお願いしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

切れ毛で悩んでいる自分に当てはまる原因はこの中にありましたか?

まずはこの原因を知って、しっかりと対策しましょう。

切れ毛の無いサラサラなツヤのある髪の毛になれるよう正しい知識を持ってヘアケアをしていきましょう!

 

この記事を読んで分からないことや質問がある方は、LINEにて24時間受け付けています。

インスタグラムには日々のサロンワークのスタイル写真も載せていますので、良かったらこちらもご覧ください。

https://instabio.cc/3072102fdMMi8